キレイはつくれる

時間がたっても柔らかい!みたらし団子 の作り方

名古屋で運動、食事、癒しのトータルダイエットコースのパーソナルトレーニングを行っています。

専属管理栄養士の『キレイはつくれるダイエット食レシピブログ』 を毎週掲載しています。

今回は、【時間がたっても柔らかい!みたらし団子 の作り方】の記事です。

MBC公式管理栄養士中村りえです。

台風の影響は大丈夫でしたでしょうか?台風や地震と災害が続いていますね。

被害がこれ以上広がりませんように。

さて、今日は、オーブンや特別な道具がなくてもできるヘルシーなおやつ「みたらし団子」を紹介します。

前回、【小麦製品食べ過ぎていませんか?その便秘、小麦粉が原因かも?!】において、小麦含まれるグルテンの取り過ぎはダイエットの弊害になるとお伝えしました。

おやつも実は、小麦粉製品がいっぱいなのです。

クッキー、マフィン、スコーン、スポンジケーキ、タルト、どれも小麦が使われています。

小麦粉をとらない生活ってなかなか難しいですよね。

今回紹介する「みたらし団子」はスーパーで売っている白玉団子で作れる簡単なグルテンフリーお菓子です。

白玉粉にあるものを入れることで、時間がっても柔らかい!そして、不足しがちなタンパク質も摂れるのです。

そのあるものとは、お豆腐です。

今回は、黄色と緑色のお団子の作り方もご紹介します。

白いお団子だけでもいいですが、黄色や緑色も作ると華やかで見た目も楽しいみたらし団子になりますよ。

今回、なぜ、お団子にお豆腐を入れるかというと、

1、お団子を柔らかく保つ

2、タンパク質を補給する

3、タンパク質源を入れることで、血糖値の上昇を穏やかになる

これぞ、ヘルシーなおやつ!!

今回は、黄色と緑色のお団子の作り方もご紹介します。

白いお団子だけでもいいですが、黄色や緑色も作ると華やかで見た目も楽しいみたらし団子になりますよ。

では、作り方をご紹介します。

時間がたっても柔らかい!みたらし団子の作り方

【材料】
<白いお団子>
・白玉粉 60g
・木綿豆腐 80g

<黄色のお団子>
・白玉粉 30g
・木綿豆腐 40g
・かぼちゃパウダー

<緑色のお団子>
・白玉粉 60g
・木綿豆腐 40g
・モリンガパウダー または よもぎ粉 1g

<みたらしたれ>
・黒糖 大さじ3
・水 大さじ1.5
・醤油 大さじ1/2

【作り方】

1、それぞれのお団子の材料をすべてボウルに入れて、手で混ぜてひとかたまりにする。

※耳たぶの固さを目指してください。生地が固い場合は、豆腐を足して調整してください。生地が柔らかい場合は、白玉粉を足してください。

2、生地を一口サイズに丸める。

3、沸騰させたお湯に2を入れて、浮き上がってくるまで茹でる。浮き上がってきたら、お団子は冷水にとる。

4、みたらしのたれを作る。すべての材料をボウルに入れて、泡だて器でよくかき混ぜてから火にかける。プクプクと大きな気泡がでて、とろみがついたら火からおろす。

粗熱が取れたら、3のみたらし団子にかけて完成。

 

簡単なので、ぜひお試しくださいね。

油も小麦も使っていないお菓子でヘルシーなおやつタイムをお過ごしください。

十五夜に手作りお団子もおすすめです。今年の十五夜は9月24日ですよ!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

PAGE TOP