キレイはつくれる

秋へ体をシフト!季節に合った食べ物をとって健やか美人

名古屋で運動、食事、癒しのトータルダイエットコースのパーソナルトレーニングを行っています。

公式管理栄養士の『キレイはつくれるダイエット食レシピブログ』 を毎週掲載しています。

今回は、【秋へ体をシフト!季節に合った食べ物をとって健やか美人】の記事です。

MBC公式管理栄養士中村りえです。

まだ暑い日もありますが、朝晩涼しくなって体調崩されていませんか?

季節の変わり目は、気温差によって自律神経が乱れやすくなり、疲れやすかったり、免疫が落ちたりと、体調が下降しやすい時期。

ゆっくりと温かい湯船で体を温めたり、早めに就寝するなど、疲れを残さないようにしてみてくださいね。

今回お伝えするのは、季節に合った食べ物・食べ方です。

1、冷たいものを控える

今の時期、日中は暑いからと、冷たいアイスクリームや氷入りの麦茶ばかりでは、体が冷えて、冷え性の原因に。

そろそろ秋の体へシフトしていきませんか?

真冬に冷え性でなってから対策するのではなく、今から寒い冬に向けて過ごしやすい体を作りましょう!

2、陰陽五行の「金」の食材を取り入れる

季節に合った食材の選び方の一つとして、今回ご紹介するのは、「陰陽五行」です。

陰陽五行とは

東洋医学の思想で、自然界のものは、五行(木・火・土・金・水)に分類されるという考え方です

簡単にお伝えすると、<季節に合った食べ物を食べましょう>という考え方です。

秋は、「金」の季節であり、「肺」を労わる季節です。

乾燥した季節になると、咳が出やすくなったり、鼻水が出たり。そんな症状があるときは、肺を労わる食品を補いましょう。

肺を労わる「金」の食べ物は、白いものです。

ネギ、大根、カブ、しょうが、梨、お米など。

秋に旬を迎える食材ですよね!

肺は、皮膚にも関連していると言われています。

アトピーの症状が重たくなったり、蕁麻疹が出る方も「金」の食材を意識して取ってみてくださいね。

白い食べ物で肺の浄化をして、季節に対応できる体を作りましょう。

旬の食材は、栄養価が高いだけでなく、体に必要なものを取り込めるのです。

ぜひ、旬の食材で季節に対応できる体を作りましょう。

健やか美人は健康な体から!ぜひ、秋にシフトできる体にしましょう。

気温差もあってお疲れがでやすい時期だと思いますので、寝る前にゆっくりと深呼吸してみてくださいね。

ゆっくりと深呼吸をすることも自律神経を整えて季節に対応しすくなるコツです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

PAGE TOP