キレイはつくれる

濃厚なのにヘルシー!かぼちゃの豆乳ポタージュスープの作り方

名古屋で運動、食事、癒しのトータルダイエットコースのパーソナルトレーニングを行っています。

公式管理栄養士の『キレイはつくれるダイエット食レシピブログ』 を毎週掲載しています。

今回は、【濃厚なのにヘルシー!かぼちゃの豆乳ポタージュスープの作り方】の記事です。

MBC公式管理栄養士中村りえです。

肌寒い日が続くと、温かいスープや濃厚でクリーミーなものが食べたくなりませんか?

クリーミーなものは、どうしても、脂肪分が多くなりがち。

チーズも生クリームも脂肪分が多いのです。

寒い日とクリーミーなものが食べたくなるのは、本能。

寒いと体を脂肪で覆って熱を逃がさないようにします。脂肪分が多い食事を食べたくなるのは自然なこと。

でも本能の赴くままにクリーミーなものや脂肪分が多い食事ばかりしていると「冬太り」まっしぐら!

今回は、濃厚でクリーミーなのにヘルシー!なかぼちゃの豆乳ポタージュの作り方をご紹介します。

 

 

かぼちゃの豆乳ポタージュの作り方

【材料】

・かぼちゃ 1/4個

・玉ねぎ 1/2個

・水 200ml

・バター 大さじ1

・豆乳 200ml

・白みそ 大さじ1

・塩 小さじ1.5~

【作り方】

1、かぼちゃは、皮を剥いて、薄いスライスにする。玉ねぎも同様に薄いスライスにする。

2.鍋にバターを入れて温め、玉ねぎと塩を入れて炒める。

3.玉ねぎがしんなりしたら、かぼちゃをのせて、水を入れて、蓋をしてかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

4.かぼちゃが柔らかくなったらミキサーやブレンダーで滑らかにし、白みそを豆乳で溶き、入れて、温めて完成。

◆豆乳は沸騰させると分離するので、温めすぎないようにしてください。

◆お好みでココナッツミルクや生クリーム、バジルをのせると見た目が可愛らしくなりますよ!

今回のレシピのヘルシーポイント

①牛乳よりも脂肪分が少ない豆乳を使う

牛乳よりも脂肪分が少ない豆乳。タンパク質もたっぷり含みます。

②豆乳も脂肪分が多くなるので、半分は水を使う

牛乳よりも脂肪分が少ないとはいえ、豆乳の取り過ぎには注意!

未発酵の大豆製品は、お腹にガスが溜まりやすくなります。

③コクを出すために白みそを入れて濃厚な仕上がりに!

ポイントは白みそ!甘みのある味噌でコクがでます。

味噌をいれることで豆乳を消化しやすくなります。

発酵食品である味噌は、腸内環境を整えます。

腸がキレイなことは美肌の近道!美味しく食べてダイエットと美肌の両方を叶えましょう。

シンプルな材料でも美味しくできるかぼちゃポタージュを試し下さいね!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

PAGE TOP