キレイはつくれる

何を食べるかよりも大事なことは〇〇

名古屋で運動、食事、癒しのトータルダイエットコースのパーソナルトレーニングを行っています。

専属管理栄養士の『キレイはつくれるダイエット食レシピブログ』 を毎週掲載しています。

今回は、【何を食べるかよりも大事なことは〇〇】の記事です。

年末が近づいてきて、忙しい日々を過ごしている方も多いと思いますが、お元気ですか?

私は、9月からホリスティック栄養学を学んで、早3か月。

今まで、マクロビオティックや米粉のお勉強をしてきましたが、新しい学びを得てきたので、皆さんにシェアできたらと思います。

今回、お伝えするのは、【何をたべるかよりも〇〇が大事】ということ。

なんだと思いますか?

 

ダイエットに関連することであれば、

運動?

時間?

残念ながらどれも違います。

正解は、

【何をたべるかよりも<噛む>が大事】

もしくは

【何をたべるかよりも<消化>が大事】

です。

どれだけ食べても、どんなに栄養素が満たされた食事をしていも、消化できなければ食べていないことと同じ!

だから消化できるカラダでいたいですよね。

そのためには、【噛む】という行為が大事なのです。

噛むことによって、

・満腹中枢が刺激される

・顎を使うことでリフトアップ

・消化酵素がでる

噛んでいいことは山のようにあるけれど、噛んでよくないことは1つもないのです。

そして、もう1ポイント!抑えてくださいね!

ながら食いはNG!!

噛むことによって、副交感神経が優位になって、消化酵素が出にくくなってしまいます。

そして、ながら食いは、あまり噛むことができず、満腹感が得られないのです。

【食べモノの選択の前に消化できるカラダづくり】をしましょうね!

実は私もできていない時があります・・・

少しずつ良くなっていけばOK!

そして、どうやってもいっぱい噛めない!

そんな人におすすめの方法を二つお伝えします。

1、心の中で「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」と噛む。

「ありがとうございます」は全部で10文字。

心の中で、1回噛むごとに「あ」2回目は「り」、と続けていけば、3回「ありがとうございます」をすれば30回!

2、かみ砕くという意識をもって噛む

歯は体にとって、食物を砕く「刃」です。

かみ砕いて栄養にしよう!とイメージすると噛むことがしやすくなりますよ。

年末の忙しい時期。

外食や買ってきたお惣菜に頼るときもあると思います。できることなら、たくさん噛んですべての栄養を体に取り込んで、きれいをつくりましょうね!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

関連記事

PAGE TOP