キレイはつくれる

正月ボケを治したいなら〇〇を見直そう!

名古屋で運動、食事、癒しのトータルダイエットコースのパーソナルトレーニングを行っています。

専属管理栄養士の『キレイはつくれるダイエット食レシピブログ』 を毎週掲載しています。

今回は、【正月ボケを治したいなら〇〇を見直そう!】の記事です。

皆さま、年末年始はのんびり過ごしましたか?

のんびり過ごせたけど、朝起きられなくなってしまった、スイッチが入らなくなってしまったなどのお正月ボケされている方、いませんか?

私も平日は朝テキパキ起きて家事ができていたのにお正月中のんびりしたせいか・・・なかなかスイッチが入らなくなりました。

そんなお正月ボケ、どうやって治すを思いますか?今までの私の記事をお読みいただいている皆様ならわかるかな?

.

.

.

.

.

.

お正月ボケは朝食で治す!】が正解です。

お正月ボケの原因は何なんでしょう?

のんびりムードのお正月、朝ごはんやランチは何時に食べていましたか?

お正月のボケの原因は、体内時計が狂っておきます。

朝ごはんは胃腸が動き始めるスイッチの役割があるのです。

寝ているときは、副交感神経が優位になって、リラックスモード。

それに合わせて体の動きもゆっくりお休みモードです。胃腸も動きがのんびりになります。

起きて、朝ごはんを食べると、食べ物が胃腸へ流れ、「今、働くときだ!!」と指令を出すことができます。

胃腸が働くことによって、「今、朝だよ」とカラダに教えることができるのです。

以前、食べたいお菓子、こってりなものを食べていい時間帯はいつでしょう?ダイエット時間術」でBMAL1のお話をしましたが、食事と体内時計は密接な関係があるのです。

お正月ボケの原因となっている体内時計の狂いは朝食で治しましょう!

~~~体内時計を治す5か条~~~~

体内時計を治すには、この5か条。スムーズに体内時計を治して快適朝時間を過ごしましょう!

1、朝食を決まった時間に取る

2、日中、太陽の光を浴びる

3、夕ご飯の時間を規則正しくする

4、日中、軽い運動をする

5、寝る前にリラックスする時間をとる

快適な朝時間を過ごせると1日スムーズに動けますよ!

お正月ボケに困ったら実践してみてくださいね。

次回は、「お正月に余ったお餅の活用レシピ」をご紹介します。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

PAGE TOP